法律相談専用ダイヤル
052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

労災専門サイトを見たと
お伝えいただくと受付がスムーズです

052-212-5275
電話をかける

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

法律相談専用ダイヤル
052-212-5275

受付時間 【平日・土日】9:30〜17:30

弁護士 / 社労士紹介

弁護士

村上 文男

むらかみ ふみお

名古屋丸の内本部事務所

私は、愛知教育大学を卒業し、1977年4月に弁護士登録(29期)、その後平成元年に名古屋弁護士会の副会長を、2007年に愛知県弁護士会の会長、日弁連の副会長を務めました。弁護業務の中では、破産事件、消費者被害事件、交通事故事件、離婚事件、民暴事件等を多く手がけてきました。
設立当時、私と事務員1名で出発した当事務所は、大所帯となり、2002年4月3日から弁護士法人として再出発することになりました。優秀な弁護士、事務局と、良い顧客の皆さんに支えられて今日があると思っています。特に、私の恩師である元名古屋地方裁判所所長の上野精弁護士の入所により、事務所が大きく前進できました。
上野先生がお亡くなりになってからも、その心は、当事務所全員に受け継がれております。
所属弁護士がそれぞれの得意分野をもちながら、全体として協働し合い、さらに進化し続ける弁護士法人でありたいと思っています。

村上 文男

加藤 耕輔

かとう こうすけ

津島事務所

 私は、目の前の依頼者の満足といった形で、自らの仕事の結果が直接見えることに魅力を感じ、弁護士という道に進みました。そして、依頼者の満足とは、結果が第一ではありますが、それに至る過程でのやりとりも同じように重要であると考えております。
 依頼者の方々が、安心して任せられるような姿勢で仕事に取り組み、依頼者の方々自身の再スタートの助力ができればと思っております。
 宜しくお願いいたします。

加藤 耕輔

深尾 至

ふかお いたる

春日井事務所

弁護士は、人生の重要な局面に立っている人々を法的にサポートし、そういった人々の人生を豊かにする役割を担う点で、大きなやりがいがあるとともに、重い責任が伴う職業です。責任の重さを自覚し、一つ一つの案件に誠実に取り組んでまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。

深尾 至

黒岩 将史

くろいわ まさし

名古屋丸の内本部事務所

ご相談に来られる方々は、これまでの人生の中で最も大きな悩みを抱えていることと思います。弁護士に依頼することで解決することのできる悩みもあるかと思いますので、まずはお気軽にご相談ください。相談者の方々の悩みを減らすお手伝いができれば幸いです。どうぞよろしくお願い申し上げます。

黒岩 将史

岩田 雅男

いわた まさお

名古屋丸の内本部事務所

トラブルを抱えていても、「これは弁護士に相談するべき問題なのかな」といったことに悩まれる方も多いかもしれません。弁護士は、「そのトラブルが法的に解決できるのかどうか」についても専門的知識を有しています。そもそも弁護士に相談するべきかどうかでお悩みの方も是非お気軽にご相談ください。

岩田 雅男

社会保険労務士

原田 聡

はらだ さとし

名古屋丸の内本部事務所

企業の成長や発展に欠かせない「人」を取り扱っています。
企業の成長の過程のなかで、会社と労働者との対立等どこの企業であっても、多少ならずとも労働問題は抱えている企業は多いです。
企業の発展のために、まずは社内のルール(就業規則等)を整備するなど働きやすい労働環境を構築していくお手伝いをさせていただきます。法令を遵守し、不要な労使間トラブルを未然に防ぐためのご提案もさせていただきます。

労使間紛争の原因にしても、よくよくみると会社側と労働者側の「誤解」によって生じているものものありますが、労務管理であったり、解雇や休職等労働問題について、お悩みごとがございましたら、ご相談ください。

原田 聡

小木曽 裕子

おぎそ ゆうこ

名古屋丸の内本部事務所

現在は多くの人がネット環境を利用し、様々な情報を入手できる時代です。便利な世の中となった反面、企業としては、従業員の方から様々な法的要求(未払い残業代請求、解雇無効等)を受けることが多くなってきております。
私達は、法律事務所内の社会保険労務士として、このような法的要求を受けても耐えうる労務管理体制の構築や、万が一このような要求を受けた場合にどのような対応をすべきかといったアドバイス等をさせて頂きます。

小木曽 裕子

大内 直子

おおうち なおこ

名古屋丸の内本部事務所

「社会保険・労務」に関する事柄は、長い人生において全ての人に関係してくる大変重要な事柄です。
また「働く事」が「人生そのもの」になりつつある現在、その重要性は益々高まっている様に感じます。
病気・賃金の心配、将来への不安など、多くの方が抱える不安を少しでも取り除く事が出来る様、努めて参ります。
宜しくお願い致します。

大内 直子